COLUMN コラム
クリエイター

fanzclub(ファンズクラブ)とオンラインサロンの違い

fanzclub(ファンズクラブ)を使ってファンクラブサイトの開設に興味があるけれどオンラインサロンとどう違うのか?という疑問をいただくことがあります。今回はfanzclubとオンラインサロンの違いについて説明します。

オンラインサロンとは?

サロンを主宰しているオーナーと決済した会員だけが参加できる月額制のコミュニティです。動画コンテンツやお悩み相談、イベントや講座やファン同士のオフ会など意見交換の場をつくることができるサービスです。

オンラインサロンの種類

オンラインサロンには様々な形態があり、ファンクラブ型、プロジェクト型、コミュニティ型、レッスン型があります。

ファンクラブ型・・・ファンクラブ型のオンラインサロンの特徴は、カリスマ的な人物や芸能人が中心に存在しており、主催者やファンと交流したい方が所属しているサロンです。主催者の普段の生活や意見交流ができたり憧れの方により身近に感じられるのがポイントです。

プロジェクト型・・・主催者がプロジェクトを立ち上げ、ファンと共にプロジェクトを達成していくオンラインサロンです。また様々なプロジェクトが存在しているオンラインサロンもあり、サロン内での仕事の受発注がファン同士でも行われています。

コミュニティ型・・・同じ趣味や目標を持つ人が集まり、交流するサークルのようなオンラインサロンです。少人数で開催されることが多くそのコミュニティに属することが目的の方が多くいます。

レッスン型・・・主催者が専門知識やノウハウを教えるものです。オーナーに直接質問する機会があるなど、より価値のある情報を得やすくなっています。

オンラインサロンのメリット

オンラインサロンのメリット①地方でも参加できる

新型コロナウイルスの蔓延で今までのように習い事やリアルコミュニティに参加することが難しくなり、オンラインでの集まりが主流になってきました。今まで遠方で参加できなかったコミュニティに参加でき、リアルでは会うことがなかったようなメンバーと出会えるのは、オンラインサロンのメリットの一つです。

オンラインサロンのメリット②主催者と近く距離になる

憧れの主催者のオンラインサロンに入会すれば、今まで主催者が明かさなかった成功の秘訣やマインドなど新しい情報を手に入れることができます。またメンバーでしか開催されないイベントやオフ会で主催者に直接質問できたり、名前を覚えてもらえたりするチャンスがあります。

オンラインサロンのデメリット

オンラインサロンのデメリット①期待していたオンラインサロンと異なる

いざオンラインサロンに入会してみると思っていた活動と違うことがあります。実際は活動していないサロンや新規入会者のフォローが足りず全く溶け込めないケースもあります。すぐに退会しようとしても数ヶ月は退会できないシステムになっているオンラインサロンも存在します。

オンラインサロンのデメリット②人間関係のトラブル

オンラインサロンではメンバー同士の交流が活発です。そのため、メンバー間の金銭トラブルや男性メンバーから女性メンバーにしつこくデートの誘いがあるなどのトラブルも発生します。またコミュニケーションが苦手で人が打ち解けられずに発言できないなどといったオンラインサロンに向かない性格の方もいます。

オンラインサロンデメリット③意識が高い人しか残れないオンラインサロン

レッスン型・プロジェクト型のオンラインサロンでは、メンバーが強い目的意識を持ってオンラインサロンに加入します。意見交換が活発に行われプロジェクトの成功のために優秀でないメンバーは残ることができない可能性も出てきます。

fanzclub(ファンズクラブ)とオンラインサロンの違い

オンラインサロンとの違い①ファン会員同士の交流がない

運営側がコミュニティの面倒を見る必要がなくなります。

オンラインサロンに参加した人の中には、交流したい相手はオーナーなのに、他の会員との意見交換が多かったり、話し合いに時間がとられたりと思っていた活動と違うと感じる方が多いそうです。実際にファン同士のコミュニケーションやオフ会が面倒なってしまいオンラインサロンを辞めてしまう方もいます。また、会員同士で問題が起きた時は、オーナーが仲裁に入る必要もあるため、コミュニティー運営ならではの大変さがあります。

fanzclubはファンとオーナーの1:1のつながりを重視しているのでコミュニティ全体を運営する必要がありません。

オンラインサロンとの違い②テーマがなくカジュアルに集まることができる

多くのオンラインサロンは特定の目標・目的を持って集客をし、ビジネスやスキルアップなどの「有益な情報を求めるニーズ」に向けてサービスを提供します。またオンラインサロンは、あらかじめ自分のオンラインサロンのテーマを決める必要があり、自分で企画、準備、実行を行うには相当の時間と手間がかかります。

自分のコミュニティを作りたいけれど明確なコンセプトがない方や、様々な企画を打ち出していきたい方にはオンラインサロンよりもファンクラブサイトがオススメです。

関連記事:fanzclub(ファンズクラブ)を活用してファンクラブを開設する理由

fanzclub(ファンズクラブ)とは?

fanzclub(ファンズクラブ)はファンとの関係をもっと近く絆をさらに強くする、ファンファーストSNS型ファンクラブです。

全てのクリエイターがより自由に、安心してコンテンツを想像する世界 fanzclubがもたらすコンテンツ収益化の機会は多種多様で、クリエイターはより創作に集中でき、さらにファンを身近に感じられます。ファンクラブの月額費やチップメニューで収入が安定すれば、クリエイターは創作に専念し、クリエイターとしてさらに高みを目指せます。

こちらから登録して今すぐファンとの距離を近くしましょう!

fanzclub(ファンズクラブ)登録ボタン

 

CONTACT お問合わせ